菓子工房みのりづき

焼き菓子・ギフト・ケーキの専門店 東京都小平市 菓子工房みのりづき

*焼き菓子・ギフト・ケーキの専門店です*
HOME»  素材について

素材について

みのりづきでは、お客様に安心してお菓子を食べて頂けるよう、添加物は最小限にとどめ、国内で生産された物を主に使うようにしています。
色素・香料・凝固剤等、使わずに作れるものには使用せず、どうしても必要なものには、なるべく自然由来のものを選ぶようにしています。
添加物を使うことで、色がきれいになったり、かさが増えたり、作業が楽になったりコストを下げる事が出来ますが、それではせっかく専門店として個人でやる意味がありません。逆に、お金を出せば、いくらでも安全でこだわった素材を揃える事は出来ます。
でも、それではとても高いお菓子になってしまいます。普段のおやつには、とても買ってもらえませんよね。
安全性も重視しながら、お客様にはなるべく安く提供したい…そんなバランスを考えながら素材選びをしています。 まだまだ試行錯誤の毎日ですが、少しでも美味しい物を…安全なものを…と心掛けています。
ここでは、使用している素材の一部をご紹介します。

 

素材へのこだわり 卵

お菓子の基本となる材料なので、おいしい玉子を使いたかったんです。究極を求めれば、いくらでもいい玉子はあるけれど、繁忙期にも切らさず供給され、値段とのバランスのとれたものを選んでいます。東京近郊の、鶏の飼料や飼育環境にこだわりをもった農場から、鮮度の良い卵を仕入れています。割ってみれば黄身も白身もぷっくり!味の濃ーい卵です。

 

こだわりの卵

 

国内産小麦粉「白金鶴」

小麦粉は国内産を使うと決めていました。
外国産の小麦も軽くておいしいですが、日本のものにこだわってみたかったんです。
でも、国内産の小麦粉って、水分が多くて扱いにくい…。
本来は強力も薄力もなく、中力粉という分類になるのだけれど、同じ小麦を粉砕する時に比重の重い物を強力に、軽いものを薄力にしています。
だから、みのりづきで使っている強力粉は、水分が多すぎて手粉には出来ないんです…初めて触った時、薄力と強力が反対に入っているのかと思ったほど。
でも、おかげで、しっとりしたスポンジが焼き上がる気がします。少し重いですけどね…。
最初の頃は、なかなか上手く焼けなくて苦労しました。

 

国内産小麦粉「白金鶴」

 

森永無塩バター

バターが品薄で辛いところですが、やっぱり香りとコクという点で、バターに勝る油脂はありません。
焼菓子に力を入れている以上、これは譲れません。
マーガリンは一切使わず、バターを使用しています。
ただ、マーガリンやショートニングが悪いとは言いません。
食感を軽くしたり、ほかの素材の香りを生かしたりと、特性はあるのです。なので、ただバターが高いから…という理由だけで、バターの代替品としての使用はしたくないな、と思います。
手に入らなくなったらしょうがありませんが、出来るところまで頑張ります!

 

太白胡麻油

バターが少ないなら、ほかの油脂を使った製品を考えよう…
そう思って使いだしたのが、この「太白胡麻油」。
普通の茶色い胡麻油は、ゴマを焙煎してから圧搾していますが、
この胡麻油は生のゴマからとった油です。
なので、ゴマの香りはしませんが、すごくコクがあります。
本来サラダ油を使うシフォンケーキに使用しています。

 

太白胡麻油

 

メイプルファーム メープルシュガー

樹齢40年以上の楓から採取した樹液を40分の1にまで煮詰めたものがメープルシロップ。さらにそこから水分を飛ばしたのが、このメイプルシュガー。香ばしく上品な香りがします。
精製されていないので、ミネラル(カルシウム・カリウム・マグネシウムなど)もたくさん含み、お菓子に深みを与えてくれます。
私自身、この香りがたまらなく好きなメープルファンです。
現在は、メープルシフォンとメープルビスケットにしか使用していませんが、ほかの製品も作っていきたいですね。

 

メイプルファーム メープルシュガー

 

フレッシュフルーツ

まだまだ、上手に使いきれてはいないのですが、少しでも多く、旬のおいしい果物を…と思っています。
生食が向くもの、ちょっと手を加えた方が美味しいもの…
この果物はどうしてやったらおいしいお菓子になるだろうか…
日々にらめっこです。

 

フレッシュフルーツ